下取りと買取はどう違うの?

HOME | サイトマップ
お気に入りに追加
下取りと買取はどう違うの?
車の売却方法には下取りと買取の2つがあります。

どちらも似たようなものだと思われがちですが、中身は大分違うのかなと思ったりします。

下取りとは

下取りというのは例えばトヨタやホンダといったディーラーに車を下取ってもらうという形になります。

新しい車を買った場合にはこれまで乗っている中古車を持っていても仕方ないですよね?

ですから通常は新しい車を買ったお店に引き取ってもらう形が一般的でした。

しかし、これって実は損をすることが多いんですね。

ディーラーの下取り価格は安いことが多いです。

もっと言えば価格が付かないなどと言われて無料引取りサービスみたいなものだと思っている方が多いです。

しかし、買取店に行ってみると実は価格が付くなんていうこともあるのです。

それなら買取店に売って新車購入の足しにした方が良いです。

買取とは何か

車の買取というのは買取専門店に売るということです。

こちらは中古車販売店だったり、買取専門業者だったりと様々ですが共通して言えることは中古車買取に積極的だということ。

ですから買取額が高いですし、ディーラーのように中古車を嫌々引き取るみたいな感じではないのです。

せっかく愛車を売るのであれば買いたいという人に売った方が良くありませんか?

高く買ってくれるということもそうですし、是非買いたいという気持ちがある業者さんに任せたいのが正直なところです。

もしディーラーに下取りに出して「廃車費用が必要だ」とか言われた場合は即座に買取査定をした方が良いですよ!

お金を貰えるのに逆にお金を払うなんてもったいないです。
最後まで諦めないで下さい。

下取りの方が高い場合はあるのか?

これは時にはあります。ただ稀なケースと言ってよいでしょう。 例えば新車を買って欲しいディーラーがあるとしますね。お客さんに何とか買って欲しい訳です。ノルマがありますからね販売店は。

そこで下取り額に上乗せして頑張っちゃうパターンというものがあります。あと一台何とか必要なんだ…という場合はかなり値引きとか下取り額上乗せとか何かしら頑張っちゃのです。

その結果、買取店の買取額より大幅に上回るなんていうことが起きることがあったりします。車が売れない時代ですから仕方ないでしょう。

ただそういうケースは稀ですので下取りと買取額を比べると話にならないことの方が多いと言えるでしょう。

ですから買取査定の方が良いですよ~と申し上げております。山形県内のディーラーさんだと中々下取り額を上乗せして…というのはほぼ無いと言って良いのではないでしょうか。

都会の方の激戦区ならそういう売り方が多いでしょうが、地方のディーラーさんではほぼ無いことです。

【車買取 山形トップページへ戻る】

おすすめNO.1!